舌下免疫療法

スギ花粉症とは

花粉症とは、植物の花粉が原因となって、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどのアレルギー症状をおこす病気です。
スギ花粉が原因(アレルゲン)となるものを、スギ花粉症といいます。

代表的な花粉症原因植物の開花期

スギ花粉は、春先に飛んでスギ花粉症を引きおこします。季節によって、スギ花粉以外の植物の花粉が花粉症を引きおこすことも知られています。

スギ花粉症の舌下免疫療法

スギ花粉症の舌下免疫療法は、スギ花粉症と診断された12歳以上の患者さんが治療を受けることができます。

服用期間

1日1回、少量から服用をはじめ、2週間は徐々に増量し、その後は決まった量を数年にわたり継続して服用します。
初めての服用は、スギ花粉が飛散していない時期に、医師の監督のもと行う必要があります。

服用方法

治療薬を舌の下に滴下し、2分間保持したあと、飲み込みます。その後5分間はうがい・飲食を控えます。スギ花粉が飛んでいない時期も含め、毎日服用します。

服用時に避けること

服用する前後2時間程度は、激しい運動、アルコール摂取、入浴などは避けるようにしてください。

期待できる効果

長期にわたり、正しく治療が行われると、アレルギー症状を治したり、長期にわたり症状をおさえられない場合でも、症状を和らげ、アレルギー治療薬の減量が期待できます。

  • ・くしゃみ、鼻水、鼻づまりの改善
  • ・涙目、目のかゆみの改善
  • ・アレルギー治療薬の減量
  • ・QOL(生活の質)の改善

副作用

舌下免疫療法には、以下の副作用があらわれるおそれがあります。

主な副作用
・口の中の副作用
・咽喉(のど)のかゆみ
・耳のかゆみ
・頭痛など
重大な副作用
・ショック
・アナフィラキシー

診療時間

午前 ×
午後 × × ×

舌下免疫療法に関するお問い合わせは

東鷲宮病院 受付までお問い合わせください。
TEL 0480-58-2468