平成30年11月、東鷲宮病院は新しくなります。

東鷲宮病院は、昭和59年に鷲宮地区唯一の入院設備を持つ医療機関として地域医療に貢献してまいりましたが、久喜市の医療情勢の変化や利用患者の増加に伴い平成30年11月に移転する事となりました。地域住民の健康と幸せの為、より良い医療が提供できるよう今後も全力を尽くしてまいりますので宜しくお願い申し上げます。

新病院概要

移転場所
久喜市桜田二丁目6番5
物件概要
(1)敷地の形態及び規模
 ・敷地面積/8,721.37㎡
(2)建築物の規模、構造及び位置
 ・構造/鉄骨造
 ・建築面積/3,360.08㎡
 ・延べ面積/9,807.50㎡
 ・階数/地上5階
 ・高さ/23.60m
1階 外来、検査、透析 2階 検査、健診、手術、リハビリテーション、管理
3階 病棟 4階 病棟 5階 管理
  • 外観完成予想パース外観完成予想パース
  • エントランス完成予想パースエントランス完成予想パース

これまでの工事進捗状況と工事写真

東鷲宮病院の建設状況をお知らせします。
工期:平成29年6月中旬~平成30年9月下旬(予定)