当院について

当院について

ごあいさつ

東鷲宮病院は昭和59年の開院以来、一貫して久喜市鷲宮地区の地域医療に貢献してまいりましたが、 建物の老朽化に加え、近年地域から求められるニーズがさらに多様化していることを踏まえ、近隣地に新病院の建築を開始しました。 皆さまのご理解とご協力のおかげをもちまして、この度 新病院を完成することができました。

新病院では疾病の予防から救急、急性期の疾患、リハビリテーション、そして療養期まで、地域の幅広い医療ニーズに応え、また当院の基本理念である「地域医療の担い手として、 地域住民の 健康と幸せの実現に貢献する」ことで、将来にわたって長く愛される病院を目指してまいりたいと考えております。

今後とも変わらぬご指導とご鞭撻をよろしくお願いいたします。

医療法人三和会 東鷲宮病院
会長 阿部 賢則

病院理念

東鷲宮病院では、医療は何よりも患者さんのためにあるべきものと考えております。
当院では、以下に掲げます「東鷲宮病院の理念」をもとに、スタッフ一同、真心をこめて患者さん本位の医療サービスを提供すべく努力を続けて参ります。

東鷲宮病院の理念

概要

事業主体 医療法人 三和会
院長 水原 章浩
所在地 〒340-0203 埼玉県久喜市桜田2-6-5
電話 0480-58-2468
FAX 0480-58-9580
開設 昭和59年1月5日(平成30年11月移転新築)
駐車場 120台
病床数 163床(一般病床95床、医療療養病床36床、回復期リハビリテーション32床)
指定医療機関 救急指定病院/各種健康保険/労災保険/生活保護法/結核予防法/ 身体障害者福祉法(更生医療、肢体不自由、心臓機能障害)

沿革

昭和59年1月 一般62床にて開設(開設使用許可 昭和58年12月20日)
昭和59年6月 108床(増床46床)
昭和60年3月 134床(増床26床)
昭和62年6月 155床(増床21床)
平成11年9月 131床(一般75床、療養56床)
平成20年6月 131床(一般95床、療養36床)
新館オープン 人工透析センター設置
平成21年1月 訪問看護ステーション コスモス開設
居宅介護支援事務所 ケア・アシスト東鷲宮開設
平成25年10月 163床(一般95床、療養36床、回復期リハビリテーション32床)
回復期リハビリテーション病棟開設
平成30年11月 新病院移転