看護部

看護部

看護部メッセージ

生きていくということは、決して楽しいことばかりではありません。
しかも人生は、決して長いものではなく、必ず終末が訪れます。
その人生を実りあるものにするために、「なりたい自分」になる努力をしましょう。
まずは「望む」こと、そして「その場所に身を置く」こと。それが、人生を楽しくする方法だと思います。

”私達一人ひとりが人生の主人公になるように努力しましょう”

私と一緒に夢を実現する仲間を募集しております。
認定看護師になりたい方、大学・大学院に入学したい方、応援します。
募集要項をご覧の上、お問い合わせください。

看護部長 佐藤 美香子 Ph.D/MBA/MSN

看護部理念

身体的・精神的・社会的なケアにより、本来クライエントの持っているパワーを最大限に引き出し、回復力を促進できる看護・介護を提供する

看護部の目標

安全に配慮し、互いに支えながら看護・介護の質を向上させる

教育・業務体制

看護方式と人材育成の一体型 アメーバ・ナーシング・システム(ANS)
~自立・自律した個人とチームを実現する新・看護方式を採用

当院は、かつては「プライマリ-ナーシング+チームナーシング」の変則看護方式を採用してきました。この方式は極めて、効率の良い方法ですが問題がありました。それは、働く看護師を他力本願、責任回避状態にしていることでした。その要因は、看護方式による業務がその日暮らしで、その場をやり過ごせれば何とかなる無責任な体制にあるように思いました。これを打破するためには、看護師1人1人が当事者意識を持ち、主役となる体制を作る必要があると思いました。
そして、もう1つの問題は、業務中心であるため、『孤独なJob』となってしまいがちだということです。しかし、他者との一体感や繋がりは重要であり、働く原動力になるのではないかと思います。どのような状態が理想かというと、「新人はベテランをリスペクトし、ベテランは新人を育成していく」という相互支援による人材育成が必要になってきます。
そこで、当院独自の看護方式ANS(アメーバ・ナーシング・システム)に転換することにしました。現在は、少しずつ現場の声を聞きながら変えている状態です。

ANSのフレームワーク図:ANSのフレームワーク

教育目標

EBNに基づいた看護の実践・リスペクトし合う組織・人間としての成長

東鷲宮病院の介護インターンシップ!!<

▼こんな方におすすめ
①看護学校入学前にリサーチしたい(准看学校・看護学校)
②看護学校実習前に病棟の雰囲気に馴染みたい
③将来は介護福祉士になりたい
  • 介護インターンシップ
  • 介護インターンシップ

求人も同時募集!! 詳しくはこちら

お問い合わせ先
〒340-0201 埼玉県久喜市桜田2-6-5
東鷲宮病院
担当:看護部長 佐藤
TEL:0480-58-2468
m-sato@washinomiya-hsp.or.jp